読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湾岸箋

一生オタク。

2017年

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

今年もどうか宜しくお願い致します。

 

さて、せっかく新年を迎えたことですし、2017年諸々の抱負や方針をいくつかのカテゴリに分けてここに書いておこうかなと思います。

 

 

○生活・学業面

いよいよ大学も最後の年で研究室配属も決まり、流石に今年は忙しくなりそう(これ毎年言ってる)なので、学生の本分たる学業を全うしつつ遊ぶ。特に大学院入試と卒業論文が控えているので、そこ2つは間違いなく取りこぼさないようにする。

 

 

TrySail夏川椎菜

ひとまず、ツアーの残りの参加予定公演3つ(もしかしたら4つ)をじっくりと満喫し、その次のステップを見守る。雨宮に続き麻倉もソロデビューし、3人のTrySailというユニットに対する依存度も徐々に下がってきており、今年は大型ライブは少なくなると読んでいる為、その数少ないライブは可能なだけ参加したい。

そんな中ユニットに対する依存度が最も高い夏川も、2017年春クールで早速『亜人ちゃんは語りたい』において準主役級の役を射止めている為、まずはこのアニメをしっかり完走して彼女の演技をじっくりと味わいたい。MRにおいていわゆる普通の歌唱力もそうだが、「キャラソンを歌う能力」があまり高くないことをはっきりと露呈させてしまったので、その成長にも期待し是非とも『亜人ちゃんは語りたい』のイベントにも参加したいと思っている。そして今まで見てこなかった夏川の出演作も鑑賞し、しっかりと「声優オタク」としての活動を行っていきたい。

また、ここまで2曲のソロ曲を披露し、いよいよ夏川のソロデビューも現実味を帯びてきている。個人的には表現力や音域等、特に雨宮・麻倉の二人と比較すると技術の不足が感じられるし、知名度に関しても二人と比べてかなり劣る(「TrySailは二人しか名前が出てこない」「お前がいなかったら夏川の名前を知ることはなかった」という話を割と聞く)ので、もう少し待ってほしいというのが本音ではある。それでも早めに売り出して経験を積ませていくというのも十分にあり得るので、それに対する備えは用意しておきたい。今のところ発表された2曲は彼女のイメージに合っていて楽曲的にも素晴らしいので、そちらの面では非常に期待している。

 

 

妄想キャリブレーション

ひとまず、双葉苗さんに関する情報が確定するまでは待つ。本当はその段階で他界するつもりだったが、先月参加したツアーファイナル公演がとても楽しめたのと、4thシングル『激ヤバ∞ボッカーン!』がとても好きなので、例え双葉苗さんが戻ってこなくても現場には多少通おうかなと思っている。昨年を通して、やはり距離感の近すぎるアイドルを懸命に追い続けると疲れてしまうと分かったので、特典会等は控えめに、行くとしたら桜野羽咲さんの所かなと考えている。それでもやっぱり僕の推しは双葉苗さんだし、それは多分変わらない(と信じたい)。

 

 

○Maison book girl

2月に出る1st LIVE DVDと4月に出る1stアルバムはとりあえず買う。こちらもあまり特典会には参加せずに、月一程度で対バンイベントや主催イベントに参加したいなと思う。

 

 

 

2016年、色々と回り道をしてきて得たものを残し、また新しく興味を持ったコンテンツがあればそちらにも少し手を出しながら、結局帰ってきたTrySail夏川椎菜という軸を大事にしながらオタクをし、また同時に学業面も疎かにせずに過ごす。そういう1年にできたらなと思います。

 

それでは。